DMW-LVF1 装着に至り。随筆。

ああどうしよう。

カメラというものについての、僕のどうしようもなく根源的で原始的で抗いようもなかった、夢の大部分が、とうとう手に入ってしまった。


ずっとずっとずっとずっと、ここに来たかった。


ひとつ、ピントリングをまわしてマニュアルフォーカシングすること。

ひとつ、ファインダーを覗いて撮影すること。

ひとつ、ちゃんと物理で鳴ってるシャッター音を聴きながら、

写真というものに向き合う事。


テクノロジーがどれだけ利便性や携帯性とかに擦り寄ったとしても、絶対にはしょったりお茶を濁しちゃいけないファクターって、ありますよね。

これはぜったいにひっくりかえらない。確信してます。


写真を撮る機械を、人はカメラと呼ぶのです。

カメラによって撮られたものを、写真と呼ぶ、そんな世界だけは僕が生きている間だけは、なんとも守り抜いて欲しいし、自分も少しでもその証明に加担したいのです。






コメント

  1. おー!ライブビューファインダ着けたんですね!
    液晶で狙うより、私もこちらの方が好きです(^-^)

    返信削除

コメントを投稿