Nikon coolpix P5000 動作確認。

ワタクシの主力機、GF1の最強の腹心としてのコンパクト機。



かなーり、かなり、近いトコ当てたんじゃないかなー。と、既にひしひしと感じる。

完全に人に説明するのは難しいですけどね。全部、経験の中から嗅覚でたどってやっていることなので。
マイクロフォーサーズカメラの、使ってみての個性。レンズ交換式カメラの、リズム感。全部経験の中から。出来上がってきたものがあって、その中からしか欲望出来ない世界を深く欲望してしまったのです僕は。

このNikonの5年前のモデルとなるカメラ。僕の元へとやってくる時点でかなり僕の中では鳴り物入りでしたw

基本のスペックなんて当たり前。ルックスから、サイズから、ボディの材質から、ホットシューの位置から、オプションパーツの拡張性から、それから当たり前ですがもちろん作例も死ぬほど見まくって。

もーほとんどこれだよ、BINGO!! ってな具合になってました。

さーあとは自分の手で画を吐かせるだけなんですが。

今日はまぁ軽い動作確認ていどではありますが。

いやー、予想に違わぬ??いやいやいやいや、予想をはるかに超える感触。

しかしまぁなんべんも申しますとうり、あくまでも実践の中でGFの腹心として実戦投入した時にほんとうに最高かどうか?っちうところですので。そこいらへんは、またおって。














おまけ。このP5000の為に取り寄せたKodak レチナファインダーなのですが。


じいちゃんにつけても、とても良く似合う。

コメント