キヤノンの銘玉

・・・・なーんつったて、僕の言うハナシですから(笑)

コンデジについてる、ソレです。

今回のカシオ製の新入りについてるレンズは、キヤノンブランド。

しかしまぁ当時ツッコんでデジカメ好きだった人や僕みたいにいまクラシックデジカメとして当時のカメラを好きな人ならば結構周知の事実なんですが、このレンズ、キヤノン製ですが、

乗っている筐体によってレンズの名前はキヤノンだったりライカだったりエプソン製だったり果てはツァイスだったりする・・・そんなレンズです・・・。

しかし銘玉だとは、思うんです。ぼかぁ。あはは。パナのLC-5で経験済みですしそれが受け継がれたキヤノンG5も味わってます。

CASIO QV-5700

まぁ僕が好きなセンの2002年製5M機です。

まずビビったのはこの時代のデジカメとは思えないくらいUIが完成してます。僕はここまで初日から感覚通りに使えた機種は他にないな。あとこの時代のデジカメとは思えないくらい液晶が綺麗。あとボケ味が素直ですね。んでマクロもテレマクロも得意っぽい。

一番の特徴は(ピーカンではまだわからないけれど)なんかAEがとっても安定してます。。なので、下手げに絞りとかいじるよりも露出補正で画づくりしたほうが全然いい結果が出るっていう。なんかこれなつかしいな・・・・と思ったら、僕の原点、RICOHのCX1/2に似ているのでした。

なんか、全体的なまとまりが恐ろしく良いです・・・。

まーとにかくテスト。

全点撮って出し、まんまjpegにて。












コメント