GF1で28mm。

LUMIX G 14mm F2.5を新導入。

換算28mmと言えば僕はRICOH GX8(ワタクシズームコンデジはほぼ広角端しか使用しない)と、
SIGMA DP1などで結構やりなれてるつもりでは居ましたが、両者ともノーファインダーか背面液晶によるコンデジ撮りが主でしたので、やっぱり一番愛しているGFのEVFを覗いて28mmがやりたいよなーと。

GFのEVFはチルト式。
ワタクシけっこうココにコダワリ持ってます。完全な水平状態で撮るのは割合でいったらば半数以下だと思います。
過半数がその時々で見合った傾斜角のついた状態で覗いてるし、垂直もすくなくありません。
目線と水平、よりも僅かに、或いは極端に、下方向からアオる画になる訳でして、それが結果的に好みなのもありますが、もっと肝心なポイントは、撮ってる自分の存在感を薄める効果があると思っていて。姿勢よく頭を垂直にして顔面の真ん前に綺麗にカメラを掲げた人間が居る前でそれを意識せずに自然にふるまう人間というのはなかなか居ないので、ちょっと俯き加減で自分を無にしたいのです。
そういう観点からはチルト式EVFというのは一眼レフのOVFより優秀だと自分は思っています。

そんなわけでGXやDPで撮った28mmとは全く感触の違う、初めてのような新鮮な気持ちに、やっぱりなれました。

そして、ドエラい楽しい。GFで換算28mm

しばらくハマっちゃうっすよこれ。




コメント