大器、SONY RX100の片鱗か?

SONY Cyber-shot DSC-W5。
1/1.8型500万画素CCDの2005年モデル。

いやー、やっぱ予感通り。こないだ、チラッと夕暮れにかるーく撮ったものに『おっ』と思うグイグイとくる力を感じていて。あ、これは春夏あたりの夕暮れカメラだな!!!って思って。

今日はちょっとその思いつきに基づいて少し試し撮り。
夕暮れ、シャープな斜光によるハイコントラストな町並みなんかも絶対ハマるはず。

明暗差の激しい条件に対して、目には目を!的なそれに負けない強い作画をしてくれますね。

ハメるとこハメてあげれば実に気持ちが良い。

きょうは微補正調整等一切なしのリサイズのみ撮ったまんまjpegで。














コメント

  1. 4枚目が絶妙ですね。

    人間の無意識と動物の無意識って質が違うと思うんですが、
    これはなんかモデルの動物っぽさがあって、すごく異質な感じです。

    返信削除
    返信
    1. ドモ(^^)まいどあざす!やつら(白鳥)って意外にすんごい警戒心が薄いんですよ(笑
      人に慣れすぎてて。オッサン化しているのかもしれません。

      削除

コメントを投稿