さいきんのRICOH GX100

今日はRICOH GX100による最近のいくつかをモノクロ加工で。

モノクロのチカラとは。モノクロ写真の命とは。どこに宿るのか?っていったらばどこなんでしょう?

それはモノクロフィルムでなければいけないのか?さらにはそれをプリントする瞬間でなければいけないのか?紙に焼かれた、と表現できるフォーマットでなければダメなのか?
カラー撮影した画像をグレースケール変換したものの意味とは?
RAW現像でコントラストやらトーンカーブやら黒レベルやら追い込んだモノクロームとは???



まー正直言うとあんまそこいらへんの差異に興味はないです。

だって僕が興味あるのは写真業界ではなくて、自分がシャッターを押す、そしてそれをアウトプットする、という行為について、先ずそこが一番メモリを食ってるので。




だから僕がモノクロをアウトプットする意味というのは、誰にお説教を頂く筋合いもございません。














コメント