古いキヤノンと地雷アカの面目躍如。

んー。
やぱり、どうしても色気を感じざるを得ないです。このへんの画には。
この2/3とか、イマで言えばもはや完全に市民権を得た4/3、
はたまた最近では、その中間に振った1インチなんてのもありますが・・・。

でもでもでもでも、全メーカーがデジタル黎明期から集中的に責めていて、そのノウハウはもはや成熟期のいっちばんオイシイところにたどり着いていると、僕の目では思っている、1/1.7前後のクラスとか・・。。。

そんなふうにして、
道具はどんどん良くなってきた歴史のはずなのに、

どうして写真はどんどんつまんなくなってきた??????


あのね、APS-Cのデジが写真文化をダメにしたと思っている僕です。

フルサイズのミラーレス?????

はぁ???????


って、カンジです。


背景ボンヤラ写真なんてもういいでしょう。おなかいっぱいなんですよ。

やめて欲しいんです。


だからたまにこういうカメラとゆっくりじっくり1日をともにすると、

じ~んわりと。

安らぎますよね。



2004年の、トゥーサーズ。
【コンデジ以上/デジイチ以下】のスペックは。
【キャプチャー以上/作品以下】という、僕の理想を叶える為の必然かもしれない。










コメント