手さぐり、まさぐり、高嶺の花。

このカメラだけはほんとうに、

わかりません。


まぁ最初から理解しては、います。

そもそも、わかろう、とか。わかった、とか、そんなふうに付き合っちゃあ、いけないカメラなんです。

ただいまだぼくは距離の取り方がつかめず。


まぁ、こんなもんなんだとあきらめる感情もなんか心地良かったり。

高嶺の花。







コメント