まぁこんなもんですよ。の②

たぶん僕がやってること、写真とか写真機とかぜーんぜん興味ない、例えば一番ちかい例で言うならウチの嫁でもできる。たぶん。

なんかアイツのほうがいい写真撮りそうだしなぁ、だいたい女は絵的な感性良いし。


だから表現なんてどーでもいいんですよ。


ひょうげん

なんて

どーでも いいんですよ。



現像ソフトもレタッチアプリも、そのへんの人ごみでボールをテキトーに投げたらたまたま当たった人、

その人に、絶対に確実に、じぶんとおんなじか、それ以上のことは出来るんだと、僕はいつもそう考えてます。


だってそれをこの3年間で完全に、さんざん証明したじゃないですか。

みんなの大好きな、アイフォーンと、インスタグラムが。

そしてそれのもっと錯覚のレンジを大きく取ったシステムとして、最新のデジタルカメラガジェットと、
フリッカーとかに代表される公衆便所。



その壁に毎時毎秒、ラクガキされるは、いったいあれはなんなのか。













コメント