アッパーストラクチャー・トライアド

世代とか精神とか知識とか技術とか経験とか。

そういうのを基にしたあるあるネタみたいな。

ヨコ意識で語るのはなんもおもしろくない。

それは時に美しい和音を奏でるかもしれないけど、予め約束された調和だ。

予定調和という言葉がある。


音楽とはそんなものに中指立ててぶっ壊してしまうための手段ではなかったか?

かつてのあの日々。




タテに積めるのかどうか?でしょ。


ひさびさに楽器を持って人前に立つ自分。

そこに意味がないわけがない。







コメント