夢のような一夜。

いやー、しかし。

贅沢というのはまさにこの事というか。我ながら暴挙というか。快挙というか。正気の沙汰じゃねぇなというか。

一夜だけ自分の我侭をまわりのみーーんなが笑って許してくれるような一日がもしあるんだとしたら・・・

きっとこの晩がそうだったのでしょう・・。

もう少し・・何種かの気の利いたケーデンスやトーナリティやグルーブのあるループで尊敬する大先輩方や友人達と揉み合い圧し合い、したかった・・・ってのはありますが、

なんだかんだでいろいろカオスに入り乱れてのワンコードジャムになっちゃいました!!!笑


大先輩方がこれに笑顔で付き合ってくれたっていうのは。もう。ほんとに大感謝でもあり、タナボタじゃあないけれど、なんか全員でほんとに少年に還れたような気もいたしまして。

おまけに僕ときたらば、そんな大先輩方にそんなカオスなワンコードジャムを演ってもらいつつ、それを心地よく浴びつつ、フラフラとお酒を呑んだりなんだりしながら、気が向けばそこに割り入っていく、などという一体全体おまえは何様なんだ?状態でありまして・・・。

ああ。ほんとうに、皆様に感謝しつつ、


ギターやってて良かった。


コメント

人気の投稿