僕の音楽の目的

僕はもう決して若くはない。
だから、すぐさま、これでどうこう、っていうのはないんだけれどもさ。
だ、けれども。。

なんか、じっくりこれはやったらええんちゃうんかな・・・?

みたいな感触は正直・・・ある。あるで。
なにをかくそう僕の音楽の目的はもうただひとつに定まってるからね。


それはね、

やめないこと。

これがいちばん難しい、究極の壁だからさ。
そろそろ、いや、ずいぶん前から、もう自己満足とか自分の青春日記の1ページ、としての音楽との向き合い方では意味がないな・・・というのがあって。

僕は音楽家になりたいんだよね。せっかくここまでお世話になってきたんだから、その、ケジメとして。そのケジメつけらんなかったらなんか男としてどーーーーーーしょもなくカッコわりぃな。って。

ただただ、好きなんでやってただけでーーーーーーす。

みたいなところにコロコロ転がっていくの?俺の魂は。

それはダセぇよ。

俺はやめない。音楽を。やめないつうか、はじめる。

暴走族みたいな そういう音楽や楽器との接し方なら、とっくに済ませてあるもん。中学、高校、ぜんぶ全力で捧げて、そして20代のほぼ全ての時間と感性とエネルギーを。


自分の人生を味わい深いものにし続けてくれた、音楽っていうものがさいきんようやく自分から、冷や汗、脂汗、または加齢臭??・・みたいなものとしてだけど。

なんか出始めているかも、しれない。


コメント